医局員紹介

大分大学医学部附属病院 高度救命救急センターで
働く医局員のご紹介

〈質問内容〉
1:高度救命救急医を目指そうと思ったキッカケは? 2:あなたにとっての高度救命救急とはどんな存在ですか? 3:救急をやっていてよかったなと思う瞬間は? 4:今後の目標は?

石井 圭亮

Ishii Keisuke

大分医科大学卒
副センター長 診療教授
脳神経外科 救急科

竹中 隆一

Takenaka Ryuichi

大分医科大学卒
呼吸器内科 
救急科 診療講師

黒澤 慶子

Kurosawa Keiko

大分大学医学部卒
救命救急科 助教
(アルメイダ病院 出向中)

鍋田 祐介

Nabeta Yusuke

大分大学医学部卒
救急科 助教

  • 1:医学部に入学し具体的に何科の医師になろうか考えた際、「目の前で人が倒れた時に真っ先に対応できる医師になりたい」と思ったのが、一番のキッカケです。実際に研修医として働き出してからも、救急外来や病院前診療、特定の専門科だけでは解決できない患者さんの全身管理等に触れ、最前線で医療を行うことにやりがいを感じたのが最終的な決め手です。
  • 2:良い意味での何でも屋さん(笑)
  • 3:重症な患者さんが無事に退院できた際に、お礼を言われた時などはこの仕事をやってて良かったと思います。
  • 4:個人としての目標は、救急指導医や学位の取得、サブスペシャリティの勉強などをしていきたいと思います。また、今後起きないに越したことはないのですが、南海トラフ地震などの可能性も言われているため、災害医療などを勉強したいと思います。
    組織人としての目標は、大分県は救急医の人数が決して多いわけではなく、いわゆるスーパーローテート研修以降の救急志望の医師が数えるほどしかいません。そのため学生や研修医などに救急の魅力を伝えて、救急を志す仲間が少しでも増えていくことを目標にしています。

塚本 菜穂

Tsukamoto Nao

大分大学医学部卒
救命救急科 病院特任助教

  • 1:祖父が医者であり、幼い頃から漠然と医者になろうとは思っていました。祖父を見て育ち、何でも診れて治せるのが医師という印象をもっていいて、祖父みたいになりたい、祖父のような医師になりたいと思うようになりました。
    高校2年生のときに、神戸大学の救急医が講義に来てくださり、阪神淡路大震災での災害医療についての講義をしてくださり、救急医って面白そう、災害医療がやりたいと思うようになり、救命救急医を目指すようになりました。
  • 2:医療現場の最前線
  • 3:運ばれたときは、意識のない患者さんも多いですが、その患者さんが日に日によくなっていく姿をみて、転院・退院する際に歩いている姿を見ると本当にやっててよかったなと思います。医療のなかでも、受傷直後から接触し、そのまま初期治療、根本治療、全身管理まで一連の流れで診療できるのは救急の醍醐味だと思うので、不慮の事故で生死をさまよった患者さんが、ほんとに元気になって転院して、歩いて会いに来てくれたときはとても嬉しく、救急やっててよかったなと感じます。また、今までいろいろ悩んで救急隊と活動して、シュミレーションしていたことが、実活動でうまくいくととてもうれしく、それが、特に患者さんの生死にかかわったりすると、やりがりを感じ、あーやっててよかったと思います。
  • 4:まずは救急医として一人前になること。一生勉強、一生青春なので、やりがいを感じながら勉強していき、先生がいたから助かったと言われるような救急医になりたいです。

緒方 晴香

Ogata Haruka

大分大学医学部卒
救命救急科
非常勤(南海医療センターへ出向中)

松本 祐欣

Matsumoto Yuki

大分大学医学部卒
救命救急科 専攻医

梅津 成貴

Umezu Naruki

大分大学医学部卒
救命救急科 専攻医 
非常勤 (臼杵コスモス病院 出向中)

  • 1:救命医の方々が、病院前治療においてその患者に襲いかかっている未知なる病魔に「ただ、救いたい」その真摯な
    気持ちで命に向き合っていることに感銘し僕も全身を見れるような医者になりたいと思ったからです。
  • 2:攻め(病院前治療)と守り(病棟での全身管理)の最前線
  • 3:不測な事態に果敢に戦場(病院前医療)に駆け出す時にアドレナリンがドバっと出て、患者さんを救いたいという思いがドバっと強く湧いてくる瞬間と治療が奏功し意識なく言葉を交わせなかった患者様との何気ない会話の最中です。
  • 4:上級医や先輩看護師さんあるいは後輩からの温かいご指導ご鞭撻を真摯に受け止めゆっくりと着実に
    一人前の救命医になるべく精進を重ねたいです。

姫野 智也

Himeno Tomoya

大分大学医学部卒
救急科 専修医

柴田 智隆

Shibata Tomotaka

大分医科大学卒
医局長 消化器外科 講師

  • 1:与えられた仕事を頑張りなさいと教えられ気づいたら救急医療を
    していました。
  • 2:エキサイティング!
  • 3:ピンチの時でも何とかやれる気がします。
  • 4:より安定的なセンター運営ができるように尽力したいです。

河野 洋平

Kono Yohei

大分医科大学卒
消化器外科 助教

岡田 憲広

Okada Norihiro

大分医科大学卒
循環器内科 助教 

  • 1:心不全診療が自分の専門分野であり、高度救命医としての知識は、自分のレベル向上につながると考えたため。
  • 2:重症の急性期から慢性期までの治療を一括で行う場所。
  • 3:他の専門職の人とのつながりが強く、科横断的に診療が可能であり、必然的に視野が広く知識が増える日々である。飽きることなく刺激的な経験ができ、自分の得意分野も使え、活躍できることがモチベーションの維持につながります。
  • 4:心不全診療のレベルを各科の救急疾患の管理を通して上げていきたい。

米津 圭佑

Yonezu Keisuke

自治医科大学卒
循環器内科 病院特任助教

石井 悠海

Ishii Yuumi

大分大学医学部卒
循環器内科 病院特任助教

川野 杏子

Kawano Kyoko

大分大学医学部卒
循環器内科 特任助教

卯野 明大

Uno Akihiro

大分大学医学部 卒
循環器内科 専攻医

金崎 彰三

Kanezaki Syouzou

大分大学医学部卒
整形外科 助教

坂本 智則

Sakamoto Tomonori

大分大学医学部卒
整形外科 病院特任助教

成田 靖

Narita Yasushi

大分大学医学部卒
整形外科 専攻医

武田 裕

Takeda Hiroshi

大分医科大学卒
脳神経外科 助教

  • 1:私はこれまで、脳神経外科医として10以上の二次/三次救急病院に勤務してきました。
    その診療の中では、脳だけではなく全身をみることができる医師の必要性を、常々強く感じていました。大学病院へ勤務する際に、縁があって、救命救急センターへ勤務することとなりました。
  • 2:救命救急医は、即座に全身を診る必要がある際の医療ニーズに答える存在だと思います。
  • 3:救急外来では重症で、生命の危機に瀕していた患者が元気に、独歩退院している時です。
  • 4:救急外来で必要な検査や処置に精通するだけではなく、病院前の医療システムづくりができればいいな、と思います。

松成 修

Matsunari Osamu

兵庫医科大学卒
消化器内科 助教

  • 1:消化器内科では、消化管出血や急性胆管炎など一刻を争う病態の疾患があり、内科の中でも救急としての側面が大きい診療科です。また、重症膵炎などは全身の管理を行える必要性があり、集中治療領域と通じる場面も多くあります。そういった中で、消化器内科だけでなく救急医学全般を理解することで、逆に消化器内科への理解を深めることができるのではないかと考え、救急医療に取り組んでおります。また、救急医療を通じて、病院前救急医療体制についてや、災害医療についても学ぶことができました。これらの分野は、専門とする医師がまだまだ少ない領域ですので、大分県の救急医療の発展のためにも役に立つことがあるのではないかと、現在も救急医を続けております。
  • 2:部活みたいですね。いろんな科の先生がいらっしゃって、楽しく勉強させていただいております。
  • 3:重篤な患者さんが、回復して転院できたとき。また、結果的に助けられなかったとしても、家族との時間を作ることができたとき。患者さんや家族から「ありがとうございました」などと言われると、「あ、救急やっててよかったな」と思います。
  • 4:救急専門医の取得!ついでに総合内科専門医も。

宮脇 美千代

Miyawaki Michiyo

大分医科大学卒
呼吸器外科 講師

  • 1:いつか来る南海トラフ…ですね。
  • 2:貴重な存在です。
  • 3:いつも「やっていてよかった」と思います。
  • 4:限られた期間の中で色々学んでいきたいと思います。

青木 貴孝

Aoki Yoshinori

大分医科大学卒
精神科 非常勤医師

  • 1:精神科医として一定のキャリアを習得したこともあり、若い頃より興味のあった救急救命できちんとした勉強をしたいという思いがあった。研修医のころ救命の勉強をしたいという要望をしていたが、当時はスーパーローテートの始まる前の時代であったこともあり、また医局の事情もあり内科の研修のみであった。そのため40歳という節目に救命の世界に飛び込んだ。
  • 2:すべての診療科の要素があり、もう一度自分の診療や手技などが今の時代の主流とマッチするのか常に考えさせられる場である。また日々新鮮な発見のある存在である。
  • 3:・ほかの診療科の先生たちとの交流や意見交換
    ・多職種(救急隊や消防など)との交流や関係の構築
    ・日常診療を含め、事故の診療についてのフィードバック
    ・日常診療以上に患者さんや家族の笑顔に触れられること  
    などなど・・・
  • 4:若い先生方が一人でも多く救命の世界に興味を持ってもらえるよう働きかけていきたい。

石井 一誠

Ishi Issei

熊本大学医学部卒
整形外科 非常勤医師